富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

ブログ

ブログ

アクセス合計:1270回    本日:4回   昨日:4回


◎お知らせ!!

令和3年3月22日

※緊急事態宣言解除に伴う稽古再開のお知らせ。

富勢剣友会は4月3日(土)から稽古を再開します。
まだまだコロナ禍ではありますが、富勢剣友会では感染予防に注意しながら稽古を再開します。
コロナの影響で世の中は多大な影響をうけてしまいみんなが大変な思いをしている時ですが稽古再開という言葉が、重たい気持ちを打ち砕いてくれたそんな気持ちになれます。
コロナ対策ガイドラインを十分に確認してルールを守り、みんなで楽しく稽古を行いましょう!
皆と一緒に稽古ができる喜びを感じながら感謝して稽古を愉しみましょう。

富 勢 剣 友 会


令和3年3月21日

※緊急事態宣言が解除されました。柏市においても万全の対策を講じた上で段階的に学校や市民利用施設の利用を再開する方針です。
会員各位におかれましては稽古再開が待ち遠しい事と思いますが、施設利用許可が出されるまでお待ちください。
富勢剣友会につきましても、充分な対策を講じた上で稽古再開をおこなっていきます。
稽古再開時期等については、状況等を踏まえ判断し、ホームページ上にて周知していく予定でおりますので、その都度確認していただきますようお願いいたします。
 “皆さんと心を一つにして乗り越えていきましょう”

富 勢 剣 友 会


令和3年2月3日

令和3年2月2日、2/8~3/7(30日間)を期間として、10都府県を対象に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言の延長が発出されました。
富勢剣友会においても感染拡大の防止に協力するため、当面の間(~3月7日目途、状況により期間見直し)稽古を中止することとします。稽古再開時期等については、状況等を踏まえ判断し、ホームページ上にて周知していく予定でおりますので、その都度確認していただきますようお願いいたします。
緊急事態宣言が一日も早く解除されるよう、皆さんと心を一つにして乗り越えていきましょう。

富 勢 剣 友 会


令和3年1月11日

令和3年1月7日、1/8~2/7(31日間)を期間として、首都圏の1都3県を対象に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言が発出されました。
富勢剣友会においても感染拡大の防止に協力するため、当面の間(~2月7日目途、状況により期間見直し)稽古を中止することとします。稽古再開時期等については、状況等を踏まえ判断し、ホームページ上にて周知していく予定でおりますので、その都度確認していただきますようお願いいたします。
 緊急事態宣言が一日も早く解除されるよう、皆さんと心を一つにして乗り越えていきましょう。

富 勢 剣 友 会


令和3年1月5日

※新型コロナウィルス感染症拡大を踏まえて富勢剣友会稽古中止について

新型コロナウィルス感染症拡大の現状を踏まえて,健康と安全を考慮いたしました結果、富勢小学校体育館を使用した富勢剣友会の稽古は、当面の間、中止することとなりました。
尚、新型コロナウイルス感染症対策だけではなく、時節柄、風邪や季節性インフルエンザ同様、予防をして、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。
※稽古の再開につきましては、新型コロナウィルス感染拡大の状況等を踏まえた上で適宜判断し、対応が決定次第、改めてお知らせいたします。

富 勢 剣 友 会


令和3年1月1日

◎新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、輝かしい新年を迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。
旧年中は富勢剣友会会員並びに保護者をはじめ関係者の皆さんのご理解、ご協力に深く感謝申し上げます。
また近隣の剣友会の皆さまにも大変お世話になりました。ありがとうございました。
ご承知の通り、昨年は、新型コロナウイルス感染症拡大により、予定していた大会・練成会等も実施がかなわず、未だかつてない厳しい一年でありました。
富勢剣友会では感染症予防対策に際し、皆さまに多くのご協力を賜り剣道が出来たことを心より幸せに思っております。
2021年は一日も早いコロナ禍の収束を願うとともに、皆様とともに、さまざまな分野において交流の活発化と交剣知愛につながる活動の展開を取り組めるよう期待しております
さて現在も、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、剣道競技においては通常の稽古ができない状況です。誰もが、不安とストレスを抱えて生活していると思います。こういう非常時にどのような行動がとれるかが、人の値打ちだと思います。剣道人だからこそ「忍」の心をもって「ピンチをチャンスと捉え」、今できる稽古をやっていかなければなりません。
昨年も多くの方々と剣を交え、声を掛けて下さる先生や、挨拶や話しが出来る友達も出来たようです。皆様との出会いに感謝いたします。
さて本年の目標ですが、今年も子供たちの為に、やることは変わりません。愚直に、コツコツとやっていきます。
子供たちの成長が、少しでも形になるといいなぁと願っております。
今年富勢剣友会は「剣道力の底上げ」を目標にしていこうと思っています。
基本に返り、徹底した打ち込みを実施して、しっかりと身に付け体で覚えさせることに専念したいと思います。
「一意専心」のごとく一つのことに集中して物事にあたり、「百錬自得」のごとく何かを本当に自分の身に付けるならば何回も何回も稽古すれば自ずと身に付きます。
目標を立て、それに向かって自分の気持ちに負けないでこの一年を乗り切って欲しいと思います。
柏市剣道連盟、富勢小学校、そして近隣の剣友会の皆様にはいろいろとお世話になります。どうぞご指導をよろしくお願いいたします。
※今年は丑年。去年よりモーっと幸せな年になりますように目標に向かって進む気持ちをうし(牛)なわないように頑張りましょう!
会員の皆さん、保護者会の皆さん、指導の先生方並びに関係者の皆さんには何かとご苦労をお掛けすることが多い年になると思いますが、富勢剣友会並びに剣道の発展に向けて、何卒ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。
保護者の皆様には、大変ですが、子供達へより一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。
終わりになりましたが、この一年、皆様方のご多幸、ご健康を心からお祈り申し上げます。


令和2年12月26日

今年最後の稽古日に今年一番の冷え込みとなり、剣道の稽古がまさに「修行」化してくる季節になってきました。
今こそ精神力を鍛える時、とばかりに富勢剣友会のみなさんは今日も剣道を頑張っていました。
令和2年も残すところわずかになりました。コロナ禍にさいなまれた1年でしたが、それでも子供たちは着実に成長しています。これもひとえに、日頃からご指導いただいている先生方ならびに保護者の皆様のおかげです。
来たる令和3年、富勢剣友会ならびに子供たちにとって飛躍の年とするべく、引き続きよろしくお願い致します。
2020年と言えば、東京オリンピック・パラリンピックを契機にスポーツ界が一層盛り上がるはずが、新型コロナウイルス感染拡大により、今や日々の生活からも「日常」を損なう展開になっています。
甲子園やインターハイや中学校総合体育大会と言った全国規模の大会も中止となり、柏市民剣道大会等も中止になりスポーツ界に限らず剣道界にも波紋を呼んでいます。この事態は一体いつまで続くのでしょうか?
日々流れるニュースなどで流れる通り、このコロナ禍によって大きな影響を受けていて、大きな変化を余儀なくされ、かつそれは一時的なものとは限らない状況になっています。「中止」などネガティブな聞こえのものが多いのは間違いありません。このコロナの影響の収束具合に大きく左右されることでしょう。
その中で、言及できることは、今までにないほど新たな取り組みに対する敷居が低くなっていることです。しかし富勢剣友会は基本をしっかりやっておけばどこへ行っても通用する。あくまでも正しい基本を実践する。都合で中断し、再開してからいくらでも上達し、そして、その中でどこへ行っても通用する剣道を目指した「基礎固め」の指導を今後も実践していきます。
年末年始というと1年のうちでものんびりと出来る期間の一つとされていますが、なかなかそうはいかないかもしれません。
富勢剣友会では千葉 進先生から出された課題に取り組むことで、しばらくは大変な時期が続きますが、決して大変ではありません。皆さんが心を一つにして取組んでいくことで大きく変えることが出来るでしょう。まずは今年の疲れをしっかりと取るようにしていただきますようお願いします。そして正月をゆっくりと家族と過ごすことで英気を養ってきてください。そして1年の始まりに向けて気持を入れてください。
年明け1月9日(土)には、また元気な顔でお会いしましょう。
 
鍛錬(たんれん)「千日(せんにち)の稽古(けいこ)を鍛(たん)とし、万(まん)日(にち)の稽古(けいこ)を練(れん)とす」千日の稽古で技を習得し、万日の稽古でその技を練り上げる。


◎お知らせ!!・・・令和2年3月30日(月)
令和2年度「春季市民剣道大会」は、「新型コロナウイルス感染症」の拡大防止のため中止となりました。
大会を楽しみにされていた選手の皆様・保護者・関係者にとっては残念ですが、ご了承くださいますようよろしくお願いします。

※予防について!!
1、不要不急の外出は控えてください。
2、うがい,手洗いを励行してください。  
3、免疫力を高めるため,十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけてください。

つきましては、ご家庭におかれましても、感染症対策(咳エチケット・手洗いなど)をお願いしますとともに、体調がすぐれない(ご家族含む)場合は、医師の診断をお受けいただけますよう、お願い致します。

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。


富勢剣友会は、今年も剣道の稽古を通じて、剣児たちに「強い心」「責任を持つ心」「優しい心」を持つ力をつけるため、活動を開始いたします。
昨年は、小学生4名、一般2名の計6名の新入会員を迎え、一段と活気のある会となりました。
剣児たちは、一年を通じて充実した稽古の時間を過ごしております。稽古が終わると、元気な声で「ありがとうございました・さようなら!」と帰っていきます。これは、その日の稽古に満足した汗を流したという充実感・達成感であり、次の稽古に積極性を出す「おはようございます!」につながっていきます。剣児も先生も「昨日よりも今日、今日よりも明日の剣道」を目指し、自分の弱い心と体を磨くという「目標」を共有していることではないでしょうか。そして、その「目標」を父母の皆様も肌で感じ取っていただき、いろいろな側面で積極的な御協力を頂くという相乗効果の賜物と理解しております。
今年も、「清く・正しく・力強く・しなやか」な剣道を目指し、「一所懸命」を旗印に自分を磨くと共に、この稽古ができる幸せな環境に感謝していきましょう。
今年も行事や試合と共に父母の皆様にはご苦労をかけますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


☆令和2年2月16日(日)
富勢剣友会の子供たち20名で出稽古に行って来ました。
お世話になったのは、茨城県土浦市にある「石鶏館石山道場」です。
「石鶏館石山道場」は何よりも1週間毎日稽古があり、県内は元より千葉県、東京都など遠方から日々稽古にこられて、厳しい稽古で有名な道場です。
驚いたのは、木造の道場で木の香りがする素晴らしい道場です。
私達が中にお邪魔すると、「石鶏館石山道場」の子ども達が詰めより大きな声で挨拶をしてくれました。
稽古は木刀で素振りをしました後、切り返し、打ち込み稽古、かかり稽古、地稽古、筋力を鍛える運動、最後に小野派一刀流の模範演武をみせて頂きました。
木刀の素振りでは石山道場の子供たちは富勢剣友会のこども達にはない姿勢です。いつもと違う練習と相手。本当にいい経験になりました。
稽古は道場の端から端までいっぱいになり、打つ方も打たれる方もクタクタです。
地稽古では激しい意地のぶつかり合い!普段剣を交えることのない相手との練習は、お互いに良い刺激になったようです。
富勢剣友会のこども達は、相手の積極的な礼儀で圧倒された感じです。いつもと違う練習と相手。本当にいい経験になりました。
疲れ切って「もうやだー」となるかと思いきや、参加した子達はみんな「楽しかった、また来てみたい!」と言ってました。
他道場の方たちとの交流は、子どもが大きく育つひとつのきっかけだと思います。
富勢剣友会の子供たちは、他道場の先生や生徒さんの良いところを一つでも二つでも参考にして、強くなる自分をしっかりイメージしてください。
稽古に参加してくださった皆様、また保護者の皆様、お疲れ様でした。


☆令和2年1月8日(水)富勢剣友会の稽古始め、元気に参加できました!
※久しぶりの体育館は冷え込みも厳しく感じられましたが、冷えた空気を震わせるほどの声を張り上げいつもの稽古の感触を取り戻していきました。
今年も多くの先生方、いつもお世話なっている皆様にご参加いただき、新たなスタートを切ることができました。気合を発する皆さんは、最後には汗だくになっていました。
今年も、しっかりと目標を立て、達成できるよう努力あるのみ。頑張りましょう!


☆赤坂練成会に参加させていただきました。
赤坂警察署剣道場で令和2年1月13日 (月曜日)に行われました。
午前・午後とみっちり試合をさせていただきました。
レベルの高い錬成会で剣士達は自分の思うような試合をさせてもらえず苦しんでいましたが強い剣士と試合させていただき自分の足りない点の気付きがあったと思います。
竹刀の振りの速さや技術的な面だけではなく、やっぱり『勝ちたい!』という意欲や勢いが他のチームの剣士と富勢剣友会の剣士と比べると全然足りませんでした。
錬成会初参加の子も多く、たくさん打たれて涙した場面もありましたが、この涙が明日への力になってくると思います。まだまだこれからですが今回、経験させていただいたことを忘れず今後の試合に繋げてもらえればと思います。今後も子供たちの育成の場として良い錬成会に参加していきたいと考えております。


☆千葉市中央区の都剣友会で出稽古をさせて頂きました。1月25日(土)午前9時から12時
出稽古ならでは、富勢剣友会の子供たちは緊張感あるなかでの練習。ピリッと引き締まりますね!
都剣友会の子供たちの動き、一つ一つの動作が機敏で学ぶところがたくさん!!
スキップや駆けっこ、カニステップなどの足捌き。声出し、素振り、防具を付けての基本打ち。テンポの良い練習であっという間に時間は過ぎていきました。
緊張感あるなかでの練習。見習うことばかりです。
試合練習を5試合から6試合をさせていただきました。
地稽古の時間も設けていただき、先生方、子供たち同士で熱い稽古を行いました。最後にかかり稽古を行いました。
ピリピリした緊張感のある稽古で貴重な経験をしました。

※強くなるにはやはり、同年代・同級生との切磋琢磨、多くの場数が必要であり、その場数を与えてくれる場所には積極的に練成会や試合に参加していくのが、上達の近道です。

富勢剣友会合い言葉
 「あいさつで勝つ!」・「礼儀・マナーで勝つ」・「そして勝負で勝つ!」


☆第12回修徳・錬心会合同練成会に参加しました。
修徳中学・高校体育館で令和元年12月 8日 (日曜日)に行われました。
錬成会は、剣道を通してより多くの剣友と交流を深め、技術向上を図る目的で行われます。
高学年1チーム、低学年1チーム参加させていただきました。内容は午前、午後、1チーム5人の団体リーグで10試合以上の練成試合を行いました。ただ、試合で勝てるようになるには、経験と、稽古が必要になります。絶対勝ちたい!と思う気持ちの強さで勝敗が分れます。この練成会を通して各自の課題の確認など有意義な練成会になりました。


☆頑張りました!
☆「第67回 千葉県地区連盟対抗剣道優勝大会」
※小学生の部団体戦に柏市代表選手に選ばれ木元美麗さんが出場しましました。
令和元年11月23日(祝・土)成田市体育館にて行われました。

◎千葉県内の各地区から選抜された選手でチームを編成して臨むこの大会。柏市チームは1回戦、市原市(3-1)、2回戦、長生に(2-1)勝利しました。残念ながら3回戦で浦安市チームに(1ー0)で負けてしましました。とはいえ、僅差での負けを喫し、あらためて一本の重さを噛みしめる結果となりましたが、これも良い経験です。
木元美麗さんも次鋒として大きな舞台のせいか緊張しながらも1回戦、2回戦とも勝利しました。3回戦目はいつもの力が出せないまま試合が終わりました。色々学ぶ事が多かった大会だったと思います。但し学ぶだけではなく、稽古、試合に生きてこそ価値があります。その一歩の価値を踏み出してください。勝っても負けても自分が何が足らないか?よく考えましょう。


☆令和元年11月4日(月)に秋季柏市民剣道大会が行われました。
☆おめでとう!
   ☆市民大会の結果 小学生女子個人 高学年の部
優勝 木元美麗
3位 中川茉奈美
小学生男子団体 高学年の部
3位 清水琉衣・荷見 葵・菅原 空

※まだ防具をつけはじめた初心者は大きな声を出して頑張っていました。
 小学生低学年の子ども達の試合はずいぶんと剣道らしくなってきました。
 女子個人戦・男子団体戦においても白熱した闘いを繰り広げておりました。たくさんの保護者の皆さん方にも朝早くから応援にきていただきありがとうございました。
みんなとても真っ直ぐで、素直な剣道をしています。
 このまま素直な心で大きく育って欲しいな~と思う気持ちの良い秋の一日ではなかったのではないでしょうか。
 試合は仲間と一緒に勝利を目指し真剣勝負の緊張感を楽しむことです。
特に6年生は最後の秋季柏市民剣道大会になります。
富勢剣友会で過ごした仲間と共に楽しみ、良き思い出となったことでしょう。
 秋季柏市民剣道大会を通して富勢剣友会の反省として考える一言は、「打って反省、打たれて感謝」です。この一言は剣道における格言のようなものですが、今後の剣道上達の道にも通ずるものがあると思い、この一言を取り上げました。
 正確に打突ができた場合でも、本当に正しい心で無駄なく打ち込めたかを常に反省し謙虚に自己の研鑽に努め、逆に相手に打たれた場合は、自らの隙を教えてくれた相手に感謝の気持ちを持ち、自らの向上に生かしていこう、という精神です。


◎審査会結果
令和元年8月11日(日)に我孫子市民体育館で初段~三段審査会が実施されました。
◎初段に岩井すずみさん 齋藤正嗣さん、二段に齋藤彩萌さんが合格致しました。おめでとうございます。今後一層のご精進を期待しております。
※40歳からはじめた剣道
 何度か心が折れそうになり、また体力的にも厳しい状況の中いつも励ましていただき適切なご指導をいただきました先生方、剣友会の小学生の皆さん、審査会場まで応援に駆けつけていただいた富勢剣友会の皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。
 今後は、真の剣道を目指して修行・勉強していく所存です。
今後とも、よろしくお願い致します。齋藤正嗣


おめでとう!
令和元年7月15日(月)に行われました。
☆第69回五市親善剣道大会(松戸市・流山市・野田市・我孫子市・柏市)
小学生の部・一般の部で柏市が見事優勝しました。!!

☆頑張りました!
☆小学生の部の代表として出場した木元美麗さん、木元謙心君が優勝に貢献してくれました。


☆令和元年6月9日に春季剣道大会が行われました。
☆市民大会の結果
小学3年生 男子の部
優勝 關口真輝

小学5年生 男子の部
優勝 木元謙心
3位 關口耀太
3位 上村栄斗

小学5.6年生女子の部
優勝 木元美麗
3位 中川茉奈美

中学1年生男子の部
優勝 吉岡奏多

一般男子30歳代の部
3位 深津正樹


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional