富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*構え方・備えについて

*構え方・備え方について


              《剣道術理へ戻る》


※構え方・備えについて
一.正眼(中段)の構え。
・正眼の構えは星眼または精眼とも言い、また自然体とも言います。
 この構えは柄の端を腹部中心に置き右手は自然に支え、剣先を相手の胃尾につけ身構えを言います。
この構えを骨子として各構えに変じて千変万化の業となるのです。
・中段の構えは進退自在であって、かつ威厳がなければなりません。
・直立不動の姿勢より右足より前方に踏み出し「およそ半歩」、左足はそのまあまの位置にて踏みつけ、踵を浮かべ膝頭やや内法の方向に向け、両足平均の力にて踏む。
・足の歩行のごとく開き特殊な開き方をしてはならない。
・右手を上から柄にかぶせるようにして正しく持つ。
・右手の人差し指と親指とで、三角形ができるように柄を持つ。
・両手の拳は、左右から斜めに大部分柄を接着していなければならない。
両親指の爪は下側方その他の爪は全部下方へ向ける。
・左小指に最も力を入れ、薬指、中指、人差し指は次第に力を抜いて持つ。
・中段に構えた後、両手をできるだけ前方に伸ばし、そのまま左右に傾かせずに元の位置に戻せば比較的正しく構えられる。
・下腹に力を入れる。
・両肩を上げずに自然に下げる。
・全身が「スラリ」と素直に伸びていなければならない。
・体を伸ばし、腰を出すとき腰椎を折ってはならない。
・頭が左に傾かないようにする。
・顎(あご)を引き、首を伸ばす。
・顔は伏せず、仰向かず左右に傾かず、真直ぐにして、目はやや細目にして相手の全身に注ぎ、常に心の目をもって相手の手を注視していなければならない。
二.平正眼
・平とは正眼の構えの右手をやや外へ返し、刀を斜めに刀刃を平とした構えです。
三.右正眼
右小刀を斜めとした構えです。
四.左正眼
・左小刀を斜めとして構えです。
 五.中段
・中段とは上段下段に対していう構えです。青眼の構えの右手をやや下に落とし柄の端と刀先とを並行水平にした構えです。

※構え方
 竹刀を持って構えかたちは、剣道いちばん大切なことです。
 次の三つの条件を備えた構えをすることが大切です。
①相手を打ちやすい構え。
②相手が打ってこられない、または、打ってきてもかわしやすい構え。
③自由に動ける準え。
 相手を打ちやすく、また、相手が打ってこられないような構えをするには、腰を伸ばし、 背中と首すじをまっすぐにます。そして胸をはって構えます。
相手が簡単に打ってこれないようにするには、竹刀先の位置も大切です。
竹刀先の延長線が相手の目の位置より高くならないように構えます。竹刀先が相手ののど と同じ高さになり、竹刀先の延長線が相手の目を指すような位置が 、いちばん正しい構えといわれています。
竹刀を自由に振ることができて、また相手が打ってきたときに、かわしながら、自由に打てるようにするには、次のようなことも大切になります。それは、手首をかたく握らず、両ひ じの関節を突っ張らないようにすることです。反対に、両ひじを横に出すのも、良くない構えです。
※構えのなかでも、左手首の握りかたと、その位置はとくに大切ですから、十分に注意してください。
 左手首は、へそから約一〇センチメートル前、そして約一〇センチメート ル下のところにくるようにします。このとき、体のまんなか(正中線)から、あまりはずれないように注意しなければなりません。

※足の踏み方について
足の踏み方
「足の下に紙一枚を置く気持ち」という教えがありますが、これは居付かないように軽く踏むということです。そして、五輪の書にもありますが、膝より足先まで力を入れる。
大野操一郎先生から、「ひかがみ(膝の裏側のこと)に意を置け」ということを教わりましたが、これは五輪の書と同じ教えだと思います。
膝をピンと突っ張っている人がいますが、ピンと突っ張ってしまって出が悪くなります。わずかに曲げるというのがよいのではないかと思います。それから、右足は平らに踏むのですが、左足は踵をわずかに上げ、腰が爪先に乗るようにします。踵を上げ過ぎて、あまり爪先立ちになると、腰が折れて利き足の働きをしません。また、左足の踵をペタンとつけてしまうのも出が悪くなります。

一.進退の運動
 前身するときは、前進する姿勢で、下腹に充分力を入れて、足は七分三分に踏み進むのです。七分三に踏むとは、その踏む力
の分量のことであって、すなわち前足が3分の踏力ならば、後ろ足は七分の踏力で、前に押進むのです。そのとき竹刀を持った両手は、やはり足に伴い、左にて右手を押出す心持ちをもって進むのです。後退のときの足は、この反対の動作でよいのです。
 踏み足の運動中、最も嫌うことは、飛び足、跳ね足、引きずり足の三つです。

二.左右の運動
右横、左横、右横、左横というように、練習しておくことは、大事なことです。しかし、左右に運動するときも進退運動のときの心持ちですればよいのです。進退左右の運動するには、十字の踏み方を練習しておき、試合の際の変化に応じて、動けばよいのです。

三.足の踏み方
家を建てるのには、まずその土台を造って、その上に柱を建てていきます。
その足の踏み方は人により大小遅速はありますが、おおむね常に歩行するときのように足を踏み開き、両脚の関節を和らげ、わずかに膝を曲げ、左右の足の爪先に力を入れて両踵をわずかに浮かし(前足踵三分上げれば後足踵五分上げ、前足踵五分上げれば後足踵一寸上げ)の心持ちで極めて軽く歩めば、前後左右進退跳躍思うようになります。上体の重心はどこに置くかというと、
右足にも左足にも置くものではなく両方の足と足との中間のところに置く心持ちであればいかに運動しても、(この重心を脱しさえしなければ)押しても、決して体は崩れことはないのです。また、両足の爪先はともに正面に向かい平行にしなければなりません。
よく見受けられる足の踏み方が前足と後ろ足の間隔がなかったり、左足の指が外側になったりしている人があるが、容易に指一本で体を崩すことができます。また前に進めない欠点があります。

四.運び方
 足の踏み方は打つときも突くときも、太刀に乗るとき、外すとき、常に左右の足を右左右左と同時に伴い運ぶ。高く踏むことなく、地に近く運ぶことが重要である。片足で踏むと居ついて自由を失い、相手より突き当たり来るときは防ぎが難しくなります。

五.足踏み込みおよび運動法
 歩行は踵を中心に、指先より一直線上に並行して交互に歩みます。むろん剣道の動作においてもあゆみかたにおいてはその自然を失ってはなりません。自然の歩行による足踏みを誤れば弱体となって敏速を欠きその上相手に乗られる機会を与えるようになります。
 足踏みは自然を失わず一直線上に並行して踏むべきであってこそ強体になるので進退は自由にして迅速、従って業も正確となるのです。進む時に右足を強く踏み、その足に体の重量を乗せることは、左足の力を失い後に弾ね、あるいは一つのところを踏む事ができず、完全なる進行ができないため、左足に力を偏して左足を横に流し全体を崩すというようになるので、常に追足にて進退し追足を充分に練習して、一足にかたよる事なく、両足は進退に平均の運動を促進し完全とする事が大切です。

六.自然足と不自然足
 自然足とは普通歩行する時、右足を出し、左足は前方を送りだされるとき踵を上げて状態を自然足といいます。
足先はやや外に向けて歩行するのでこれを真直ぐにしたり、あるいは内に入れて形を作ることは、不自然となります。
右足先を横に向けるのは著しく自然を害するので、姿勢が曲がり、構えを崩し、打突の正確を誤り、足裏に豆ができるのです。
そこで直立不動体より、右足を一歩踏み出し、左足は踵を浮かべて、右足の指先と同一方向として、軽くこれに力を入れ、全体の重心を両足にて軽く支えるのです。足先すなわち追足の最初足は場を広くする時、左足が横に向いたり、右足に左足が送れないため体が曲がったりよろめいたりするのです。足幅は狭くして重心を支え膝の弛みにより足先より運行するのです。

七.手脚一致練習の要領
・進退して正面を打つこと。一歩右足より左足と進んで、上段より正面を左足より退りつつ上段より正面を打つ。手足は力を入れず軽く、右足は肩と水平のところにて止めるのです。この要領を数回行います。
・斜面を打つこと。構えの足を横一文字に右に寄せて右斜面を打つ。前と同じく手は肩に止めて手脚を軽くする。この要領を数回おこなうのです。
 絞ると腕が固定される。腕が固定されると腰の沈みによる重心の沈みは相手の面のほうに伝わります。
右足で地面を蹴るのではなく体重を右足に乗せている。これは体の重心の上下運動であす。前に倒れるのを踏み込むことで防いでいます。

※姿勢を保つ。
 踏み込みは、相手に伝える力を必要最小限の時間だけ与えて、あとは地面に逃がすことにより姿勢を保てるようにしよう。すばや二段三段技を打てる姿勢を保つことです。
 打突の後の打突に対して応じられる姿勢(残心)での打突が一本となるのです。だから、腰が曲がったりしていると打突のあとの打突が難しいので一本とならない。のけぞった面を打っても一緒です。
 体の姿勢は構えた時と同じくらい安定した形を保たないといけない。次が打てる姿勢が残心です。

※ポイント
一.腰を曲げない。
二.あごを引く。(腰が曲がってないかのチェックになる。)
腰を曲げず、その曲げない反動を手と足に伝えて技を出す。
踏込むととまってしまう人
・右足をまえに出しすぎているのか、腰(重心)を残して、前に出ているかです。
自分が打突できる距離は相手も打突できる距離なので、その場でとまってしまうと残心は取れていないことになります。
・打突したあと左足がすぐ引きつけられているか(引き付けられないと重心が左に残っている)
 打突の瞬間が目で確認できる打突はよくなく、抜けてから記憶をたどるぐらいの抜け方がいい打突と思って稽古しよう。

※下半身
・前に出る時に体を上下に動かすと相手に教えているようなもの。力は出るが上下運動が大きくなる足の屈伸を使わず、歩く時に使う、足の付け根から太ももを動かす筋肉で前に出る。例え・・・地面を足で割くような気持ちで。飛行機の離陸のイメージで
・腹筋、背筋に力を入れることにより足の動きを体全体に伝える。ある程度、前に出ると次に地面を膝、足首を伸ばしながらいきよい良く前にでる。ある程度の足の開きが左足と腰の位置の距離を開けるので足の屈伸が上に飛ばずに前に出やすくなる。
 走っているとき右足を前に振り出して左足で地面を蹴る動作と同じ。
 普段歩いている動きや走っている動きと関連付けること。
うまくできたか同化の判断・・・重心の動きと右足の動きが同じように前に出て入れば、左足に重心が残らないので引き付けが楽にできるはずです。
 何が必要かわかればコツをつかめます。最初、出来たときは驚きます。後は、すり足の速くすることで踏込みのスピードをゆるめず抜けることができます。

※上半身
リラックスして、抜けることを考える。
・素振りのときに腹筋背筋をつかっているので体を前に出すときに腹筋背筋に力を入れるタイミングと合わせると楽に振り上げられる。上半身は普段の素振りと変わらない。小手が抜ける程度まで竹刀を上げれば、相手の出鼻ねらいを逆にくじくことができる。

《剣道術理へ戻る》

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional