富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*剣道形修行の必要性・効果

*剣道形修行の必要性・効果


《剣道術理へ戻る》


◎剣道形修行の必要性・効果
 剣道形は各流派のすぐれた技を集め、剣道の技術の中において最も基本的な打突法を組み立てたものです。礼式、構え、間合い、攻め、打突、気合、残心など、すべての術技ともいえるもので、極めて高度なものであるので、初心者はもちろんのこと、
上級者も常に形の稽古によって正しい剣道を修得することが必要です。

・効果
 一.正しい礼儀が身に付く。
 二.正しい姿勢ができ、落ち着いた態度が身に付く。
 三.眼が明らかになり、相手の動きや気持ちを観察できる。
 四.足の運びが良くなる。
 五.悪い癖が直り、太刀筋が正しくなる。
 六.気合が錬れて、気魂が充実する。
 七.動作が機敏、軽快になる。
 八.適切な間合いを知ることができる。
 九.打突が確実となる。
 十.数多く修練することによって、気品や風格ができ、気位が高くなる。
などの剣道の基本となる手足の捌き、気合、呼吸、打突の機会等を修得することが出来るので剣道の稽古の際には剣道形も合わせて修行するよう努めなくてはなりません。

《剣道術理へ戻る》

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional