富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*剣道十訓

*剣道十訓


             《剣道術理へ戻る》


 剣 道 十 訓
一.身体を健全にせよ。
  身体各部分が完備して活気満ちあふれていなければならない。
二.精神を錬磨せよ。
  剣道は精神と技術と微妙な関連を持っているから、千変万化の
  変に応じて、怠らない精神を錬磨しなければならない。
三.基本を正確にせよ。
  姿勢、構え、竹刀の持ち方、目付、足の踏み方、打ち込みなど
  基本動作が正確でなければならない。
四.ひたすらせん専念稽古に励め。
  心と手足となって動くには、何よりも実際の稽古を積むのが
  大事である。
五.研究工夫せよ。
  ちょっとした頭の働きで豁然として悟る所あり、とみに技術の
  進歩することあり。
六.いつも真剣の気合をもて。
  身体は精神に引き回される。稽古にも、試合にも、何時も
  真剣の気合で全力を尽くせ。
七.終始熱心であれ。
  剣道の修行には苦痛も多い、かつ、一生の修行である。
  心をゆるめると稽古を怠り、ものにならないようになる。
八.慢心を起こすな。
  学問も技術も商売も慢心が堕落退歩の元になる。
  剣道では慢心は恐るべき敵である。
九.公明なる精神をもて。
  不正ごまかし、我利我欲は、稽古、試合とも大禁物である。
  まじめな剣道修行は精神修養、人格修養の道である。
十.剣道と生活とを合致せしめよ。
  せっかく学んだ剣道が日常の生活と離れ離れではならぬ。
  剣道と生活とが渾然合致するならば、剣道の進歩の上にも日常の
  生活上にも、得るとところ大なるものがあろうと信じる。
  剣道を学ばんとする者は少なくともこの十訓を日夜実践し、反省
  し、それを確かに進め得るようにしなければらない。
  その者こそ.上達への段階をより高め得ることになるだろう。

《剣道術理へ戻る》

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional