富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*剣道の目的

*剣道の目的


《剣道術理へ戻る》


◎剣道の目的

一、身体各部の発達と体力の育成

一、正しい姿勢の育成

一、注意力の集中と決断力の育成

一、責任感と自主的精神の育成

一、礼儀を重んじ、相手を尊重する態度の育成

 ※武道は武技による身心の鍛錬を通して人格を磨き、見識を高め、有為の人物を育成することを目的とする。

※剣道の目的について
 剣道は刀剣使用の技術を練磨するために起ったものです。常に相対している相手の動作を機微みて取って、直ちにこれに応じて千変万化の動作をなさなければならないので、絶えず注意力を集中し、敏活な判断を下すことを必要とし、そのは全身的で、極めて微妙です。
 剣道は心身両面の鍛錬を主要な目的としています。

※剣道の一般的な目的
 剣道の稽古を何のためにやるのか、また、剣道を続けてどのようになりたいのか私たちはそれぞれ何かの目的があって今、努力しています。一般的に考えられる目的は、昭和五十一年全日本剣道連盟が、剣道の理念(大目的)として次のような内容を発表しています。
※「剣道は剣の理法の修錬による人間形成の道である」
(かたちのあるもの、ないものを含めて、その正しい法則、人間が生まれながらにして備わっている立派な性質を磨きあげ、心をこめて努力していくということです。)

《剣道術理へ戻る》

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional