富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*剣道の基礎用語

*剣道の基礎語


                《剣道術理へ戻る》


※剣道の基礎用語
■相打ち(あいうち)・・・互いに五分と五分の位で、面ならば面を同時に打突し、しかも勝ち取ると。
■相構え(あいがまえ)・・・相手と同じ構えをとること。相中段や相上段。
■合気(あいき)・・・双方の攻防の気が同時となり、勝敗がつかないこと。
合気をはずすとは、双方の攻防の気が同時となり、勝敗がつかないときそれまでの機会の捉え方や戦法を変えて攻めること。
■相抜け(あいぬけ)・・・お互いに争う気がなければ当たることもないということ。
■阿吽(あうん)の呼吸・・・相手と呼吸を合わせること。阿は呼気、吽は吸気であり、万物の資源と究極を象徴している。
■上げ小手(あげこて)・・・相手が上段に構えようと手元を上げた所をすかさず打つもので、普通は模擬小手を指した。
 上段に対する左小手を有効打突とする規定の改正により、「上げ小手」が明記されるようになった。「上げ小手とは打突時をのぞき左
拳が鳩尾より上がっている場合を言う」
■余す(あます)・・・相手の攻撃を抜きはずすことで、後方の体を捌いて抜くことを言う。
■歩み足(あゆみあし)・・・日常生活で行う歩行と同じ要領で交互に足を前に出す足運びで、相手との距離があり、送り足では間をつめるのに時間がかかる時に用います。
■一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)
剣道修行の大事な要素をその重要度に応じて示したもの
一眼・・・相手の思考動作を見破る眼力であり洞察力である。
二足・・・技の根元は足であり、足の踏み方使い方は剣道で最も重要視される。
三胆・・・胆は胆力であり度胸である。ものに動ぜぬ胆力と決断力であり不動心の意味である。
四力・・・力は体力ではなくて技術の力であり、わざ前のことである。
剣道はすべて技術だと一般に思われているのに、技術を最後に持ってきたところにこの教えの尊さがある。
■一足一刀の間(いっそくいっとうのま)
剣先が触れるか触れないかという間合い。
一歩見込めば相手に打突を与え、一歩さがれば相手の打突をかわすことのできる
間合い。これより近いと近間、遠いと遠間という。
■居付く(いつく)・・・軽快自由に動けない状態や、あるいは試合中に自分の気持ちが一時的に止まって瞬間的動作のできない状態。
■いなす・・・相手の攻撃を受け流すことで、攻めの気持ちや勢いをなくさせる。
■一刀流(いっとうりゅう)・・・主として一本の刀を使用する流儀で、小野派一刀流や北辰一刀流などがある。
■色(いろ)
虚実の虚のことである。相手に隙がない場合に自分の方から虚をもって相手を誘い込むことがある。これを色という。
例えば、面を打つぞという色を示したため、相手がこれを防ごうとわずかに手元を上げた瞬間に小手を打つ技などがある。
■陰(いん)・・・陽に対する語で、表に対する語の裏のこと。体の右側をいう場合もある。
■打太刀(うちたち)・・・日本剣道形で、先に打つ側で、師の位を示す。上位で教える立場にある。その逆が仕太刀で、弟子の位。
■裏(うら)・・・北を背にして構えた時、右側(西)を裏という。西は、太陽が沈む側であるため陰ともいう。
■遠山の目付(えんざんのめつけ)
相手と対峙したときに、相手の竹刀や打突部を見つめたりしないで、遠い山を望むように、相手の顔を中心に体全体を見なさいという教えです。
■送り足(おくりあし)・・・最も基本的な足運びで、進行する方向の足から移動を開始して、ついで他方の足を移動した足に引きつける動きです。
■表(おもて)・・・北を背にして構えた時、左側(東)を表という。東は、太陽が出てくる側であるため陽ともいう。
■掛かり稽古(かかりけいこ)
相手から打たれたり、いなされたり、応じられたりすることにとらわれずに、自分の思いのまま十分な気力と体力をもって、いろいろな技を身を捨てて強く激しく打ち懸かる稽古です。掛かり稽古では次のような効果があります。敏捷性・持久力が養われる。手の内、手の返しがよくなる。正しい間合いを知る。打つべき機会を知る。
■かけ声
剣道におけるかけ声は、次のような効果があります。大きな声を出すことにより、自らを励まし、気勢を増し、恐怖の心をなくし、攻勢に出られる。相手に驚きや恐れを与える。無心になることができる。心気力の一致をはかれる。打突の瞬間に声を出すことによって速く、強く冴えた打ちになる。
■活人剣(かつにんけん)・・・敵をすくめずして勝つことを活という。新陰流ではあらゆる術理の根本とする。
■香取・鹿島(かとり・かしま)・・・香取神宮・鹿島神宮のことで、ともに武神を祭る神社として尊崇され、武の発祥の地とされている。
■下部の三処(かぶのさんしょ)・・・足の運び、特に足と腰と膝の裏側のひかがみの使い方の重要性を示した言葉である。
■構え(かまえ)・・・中段の構え「常の構え」「正眼の構え」といわれるように、攻防に最も都合がよく、理想的な構えです。
剣先を相手の中心に付け、自然体の姿勢から右足を前に出し、左足をへその前に置き、握り拳ひとつぐらい出すようにします。
■下段の構え
「守りの構え」といわれますが、相手に隙があれば直ちに攻撃に転ずることが可能な構えでなくてはなりません。中段の構えから竹刀を下げ剣先を延長線が相手の両膝の中間に付けるようにします。
上段の構え
「火の構え」といわれる最も攻撃的な構えです。相手の技の起こり頭を一刀で制する気持ちで構えます。中段の構えから竹刀を頭上に上げ両腕が顔の前で三角形を作るようにします。
■脇構え
「陽の構え」といわれ、相手の出方に応じて刀を長くも、短くも使い分けることができる構えです。中段の構えから右足を一歩引き、手元を右脇に引き寄せ刀の先を水平よりやや下げ、相手に刀の長さを知られないようにします。
■剣道形
剣道形は各流派のすぐれた技を集め、剣道の技術の中において最も基本的な打突法を組み立てたものです。礼式、構え、間合い、攻め、打突、気合い、残心など、すべての術技ともいえるもので、極めて高度なものであるので初心者はもちろんのこと、上級者も常に形の稽古の修練をすることが大切です。次のようなことが形の効果としてあげられます。正しい姿勢ができ、落ち着いた態度が身に付く。目が明らかになり、相手の動きや気持ちを観察できる。悪い癖が直り、太刀筋が正しくなる。気合いが錬れて気迫が充実する。自分の動作が機敏、軽捷になる。適切な間合いを知ることができる。打突が確実となる。数多く修練することによって、気品や風格ができ、気位が高くなる。
■剣道修練の心構え
「剣道を正しく真剣に学び、心身を錬磨して、旺盛なる気力を養い、剣道の特性を通じて、礼節を尊び、信義を重んじ、誠を尽くして、常に自己の修養に努め、もって、国家社会を愛して、広く人類の平和繁栄に寄与せんとするものである」
■剣先(けんせん)
竹刀の先端を剣先という。相手ののど元に向いておらず気迫のない構えを「剣先が死んでいる」というように使う。
■剣を踏む(けんをふむ)・・・相手が打ってこようとする時、足でその気勢を踏みつけるような気迫で打つこと。
■剣道修行の目的
剣道は剣の理法の修練による人間形成の道であって、その目的のために行われれば真剣でも木刀でも、あるいは棒きれであっても剣道といえるでしょう。
そして、その理法を研究し、修行鍛錬していくところに剣道の真価が認められ、心身を鍛練することによって偉大な精神、頑強なる身体、崇高なる人格などを養うことが剣道の修行の目的と言えるでしょう。
■懸待一致(けんたいいっち)
攻める(懸かる)ことばかりに専念しても、備える(待つ)ことばかりに専念しても隙が生じてしまいます。だから、旺盛な気力とともに、懸かるところに待つ心、待つところに懸かる心がなければならないということです。「懸中待(けんちゅうたい)」
「待中懸」ともいいます。
歩引き、手元を右脇に引き寄せ竹刀の先を水平よりやや下げ、相手に竹刀の長さを知られないようにします。
■八相の構え
「陰の構え」といわれ、自ら攻撃を仕掛けるのではなく、相手の出方によって攻撃に変わる構えです。中段の構えから左足を一歩踏み出すとともに左拳を右乳頭部の前に、右拳を口元の高さにします。
■観見の目付(かんけんのめつけ)
観とは洞察力をいい、見とは物理的に動きを捕らえる目をいいます。両者とも相手の目を見ることが大切とされていす。「目は心の鏡」といわれるように目を見ればその人の心の状態がわかります。また、目を見ることによって相手の身体全体が見えるも
のです。「観の目強く、見の目弱く」という教えもあります。相手を見るのに「目で見るより心で見よ」という意味です。
■気合い(きあい)・・・精神を集中して万全の注意をはらった状態で事に当たること。また、そうした状態から出すかけ声のこと。
■気当たり・・・立ち会いにおいて、相手に活気を発し、相手の当たり、反応を見ること。
■気位(きぐらい)・・・多年にわたる修養鍛錬、技の修練の結果、自分に備わった侵しがたい気品。
■気剣体の一致(きけんたいのいっち)
打突の基準となるもので、「気」とは充実した気勢、「剣」とは正しい竹刀操作、「体」とは体さばきと体勢をいう。これらが同時に満たされていることが有効打突の条件になります。
■機前(きぜん)・・・相手の一念が発する以前に機先を制して、相手の気勢をくじくこと。
■気づくり
立ち会いの前の段階で、気持ちを整えていくことをいいます。武道史上の名勝負といわれるものは、たいてい立ち会い以前に勝負がついていたといわれています。
■技癖(ぎへき) 
昔から人には無くて七癖と言われるように、各人それぞれ癖のあるものです。剣道でも各人に技術上の大小の悪い癖があるものです。これを技癖といいます。
師から正しい技術を示されても、個性の悪い表れとして、技癖が生まれてくるのであるが、これはその技術を正しく理解し、体得していないためです。技癖は上達を妨げる大きな原因となるもので、技癖を指摘され正しい技術を示されたときは、最も大切な事として技癖を直すように努力しなければなりません。
■切り返し八徳(はっとく)
気剣体一致の打ちになる・無駄な力をなくし技の悪い癖を直す・正しい姿勢がとれる・耐久力ができ気息が長くなる・目が明るく間合いを覚える・体力が増進し足腰を強くする・気力が旺盛になる・太刀の返りがよくなる。
■虚実(きょじつ)
虚とは相手の守りの弱い状態(守りの薄い)のところ、実とは強いと状態(十分守っている)のところをいいます。実を避けて虚を打てという教えです。
相手の虚実はこちらからの攻め方(誘い方)によっても変化します。その虚実の変わり目を打つことが大切です。
■組み討ち(くみうち)
今日の剣道では試合規則の禁止行為であるが、以前は相手から竹刀を落とされたり鍔ぜり合いなどの時に、足がらみや組み討ちを行った。
■組太刀(くみたち)・・・相手に勝つための各種の方法を師が弟子に教育するためにその手順を定めて練習させるために組まれた形。
■剣心一如(けんしんいちにょ)
剣は人なり、剣は心なりといわれるように剣は心によって動くものであり、剣と心とは一元的のものである。
したがって、正しい剣の修行をすれば正しい心を磨く結果になる。
■剣道の理念・・・「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」
■剣の五徳・・・正義、廉恥、勇武、礼節、謙譲(けんじょう)
■小太刀(こだち)
長い太刀に対して、短い刀をさす。五十~六十センチメートルほどの長さ。日本剣道形でも小太刀の形がある。
■後の先(ごのせん)・・・相手が打ってくる時に、その打突を無効にして、相手よりも先に打つことをいう。
■交剣知愛(こうけんちあい)
剣を交えて愛しむを知るという意味。剣道は単に竹の棒で相互に打ち合うものではなく、一度稽古した人には是非もう一度稽古
をお願いしたいと思われるような剣道をするように心掛けよという意味。
■狐疑心(こぎしん)
狐は疑い深い動物で、狩人に追われたときに逃げ場に困り道に迷っている間に脇に回られて狩人に撃たれてしまうことがあります。このことから、狐のように疑い深く進退の決心がつかないことをいい、剣道における戒めのひとつです。
■冴え(さえ)
「技に冴えがある」「冴えのある打ち」などといわれますが、冴えた動作とは、合理的で無駄のない状態をいい、科学的にエネルギーが最も有効に使われた動作を感覚的に表現した言葉です。したがって、無駄な打ちをだしたり無駄な所作が多ければ決して冴えているとはいえません。構えているときは力を抜き、打突の瞬間に必要な筋肉を緊張させ、気剣体の一致した動作が必要です。
■刺し面(さしめん)・・・左手にて竹刀の柄頭を繰り出し、右手で竹刀を相手の頭上に乗せるようにして打つ技である。
■三角矩の構え(さんかくくのかまえ)
中段の構えのポイントを教えたもので、眼、腹、剣先の三角形の矩をはずさないように構えることをいいます。この教えは山岡鉄舟が考え出したものです。
■三功一致(さんこういっち)
相手を攻める技を出すための三つの道具(切先、身体、気合)が一致する事が大切で、錬磨によってのみ得られる。
■三殺法(さんさっぽう)
相手の竹刀を殺し、技を殺し、気を殺して打突することです。竹刀を殺すとは、相手の竹刀を抑えたり払ったりして竹刀の自由に使わせないことをいいます。技を殺すとは、先を取って相手に攻撃の機会を与えないことをいいます。気を殺すとは、充実した気力を持って相手の気を崩して攻めることをいいます。
■残心(ざんしん)
打突の後少しも油断もなく、その後の変化に直ちに応じられるような心構えをいいます。
■三磨の位(さんまのくらい)剣道には「習い」「稽古」「工夫」の三つの要素が大事であり、これを一体的に磨くことをいう。
■自然体(しぜんたい)・・・自由に動けるバランスのとれた姿勢。体の力を抜いて、足を少し開く。
■仕太刀(したち)
日本剣道形では、師(打太刀)に対する弟子の位を示す。習う立場で、常に打太刀の打ち終わった後に打っていく。
■上段の構え(じょうだんのかまえ)
頭に上げた両腕の聞から相手を見下ろすように威圧感を与える構え。諸手左上段では、左足を前にして右拳を額のところまで上げ、左拳は左足の真上の位置になっていること。
■直心是道場(じきしんこれどうじょう)
純一無雑な素直な心で剣道を学び、剣道以外の日常生活の様々な出来事も剣道ならどうするかと考え、少しの間も剣道から離れることなく修行する事。
■止心(ししん)
注意が一つのものに停まってしまうこと、「居つく」ともいって、相手から打突されやすい心の状態です。
■鎬(しのぎ)刀の刃の部分ではなく、たてにやや高くなった腹の部分をいう。
■守破離(しゅはり)
修練の過程を示した言葉。守は師の教えを守りひたすら基本を身につけること。破は今までの教えを基礎として自分の個性を活かし、自分自身のものを創造する段階。離は最初の教えから外れるのではなく、それを中核にして自由自在に行動し教えを乗り越える段階をいいます。
■心気力一致(しんきりょくいっち)
心とは、観察力(敵の心の働きを観る力、いわゆる心眼)・不動心(敵の動きにまどわされない心のすわり、平常心)、気とは集中力 いつっち)(精神エネルギーを集中させる力)・制圧力(敵を気で圧倒し、その心身の動きを制圧する力)、力とは、瞬発力(敵の変化に対応する業の力)・智力(戦いを有利に導くためのかけひき)
■正眼の構え(せいがんのかまえ)・・・相手の顔の中心(眉間)を見ながら、自然体で竹刀を構える。
■正中線(せいちゅうせん)・・・鼻・へそなどを通る、体のまん中をたてに割った線。
■捨て身(すてみ)
身を捨てたときこそ、はじめて浮かび上がってくる機会があり、相手の隙を見るやいなや、蹲踞することなく身を捨てて打ち込んでいくことにより、勝ちを得ることができます。
■素振り(すぶり)
竹刀や木刀を持ち、上下、斜めなどに振る動作で、大きく正確に行うことが大切です。竹刀操作や刃筋を知り、打突の基礎を体得するために行います。
■すり足・・・かかとを少し浮かせて、床をすべらすようにする足の運び方。
■静中の動(せいちゅうのどう)
静かに相手を観察する中にも心が停滞することなく、機熟せば直ちに激しい動きに転じることができる心の準備が大切という教え。動中の静の反意。
■殺人刀(せつにんとう)
柳生石舟斎宗厳の工夫公案書に「当流に構える太刀を皆殺人刀と言う。構えのなき所をいずれも皆活人剣と言う。また構える太刀を残らず裁断して除け、なき所を用いるので、其の生ずるにより活人剣と言う。」とあり、敵をすくめて勝とうとすることを殺としている。
■先(せん)
先には次の三つの先があります。
先の先(先々の先):相手の思惑を素早く察知して、相手が動作を起こす前に打つことをいう。
対の先(先):相手の思惑までは察知できないが、打突してくる起こり頭をとらえることをいいます。
後の先(待の先):相手に「先」を仕掛けられて、それに応じる場合をいいます。
■相殺(そうさい)
貸し借り・損得など相反するものを差し引きしてゼロにすること。試合で双方が同時に二回の反則を犯して双方が負けとなる場合に二回目の反則を反則として数えないこと。
■蹲踞(そんきょ)けいこや試合前後に行う体勢。低い位置に身を置いて、相手に礼を示す。
■体当たり(たいあたり)
相手の気をくじき、体勢をくじき、相手の構えが崩れたところをすかさず打つために行うものであって、相手を倒すことのみを考えてするものではない。したがって、体当たりは踏み込んだ勢いを下腹部に集中し、竹刀の柄と柄を交差させるようにして腰で当たることが肝心で、腕で押したり、頭から突っ込むのは体当たりとは言わない。
■大強速軽(だいきょうそくけい)
初心者指導の要諦は「大きく正しく」ということで大強速軽はその上達への過程を教えたものである。最初は大きく振りかっぶって強く正しく打つ。そのうちに技もだんだん速くなり、無駄な力がなくなり次第に軽妙になり、冴えのある立派な剣道になる。
■帯刀(たいとう)・・・刀を腰にさすこと。竹刀を腰に当てること。
■打突の好機(だとつのこうき)
打突すべき次のような機会を指します。
一)起こり頭:出頭、出鼻ともいい動作を起こそうとする瞬間。
二)受け止めたところ:相手が自分の打突を受け止めた瞬間。
三)居着いたところ:心身の活動がにぶり、動きが一時停滞した瞬間。
四)退くところ:相手が攻めに屈して退こうとした瞬間。
五)技の尽きたところ:相手の技が一時中断し、体勢を整えようとする瞬間。
特に一)・二)・三)を「三つの許さぬ所」といいます。
■溜(ため)
技を発する場合、心においても体においても余裕を持ち、気の充実をはかり臍下丹田に気を張り巡らしてから技を出すことが肝心である。気の充実のないところから出した技は、相手にその起こり頭を押さえられ、相手の誘いに簡単に乗ってしまうことにもなるので稽古で十分練る必要がある。
■丹田(たんでん)
丹田とは臍下丹田といい、へそと恥骨の腹中にあり、東洋の身体論で、心身の活力の源である気の集まる所と言われる場所で、そこに力を入れることによって、腹のすわった姿勢が保たれ、心の動揺も抑えられるという教え。
■中段の構え(ちゅうだんのかまえ)・・・剣道の基礎になる構えで、主に相手ののどに剣線を向ける。相手の動きにすばやく対処できる。
■智仁勇(ちじんゆう)
何が正しいかを識る意の「智」、相手を理解する、相手の立場になってものが考えられる慈愛の心を「仁」、そして勇気をふるって打ち込む「勇」、この智・仁・勇が渾然一体となったものが剣の道である。
■対の先(ついのせん)
相手が先を取って動作を起こすと同時に、こちらも先に動作を起こすことを言う。
■継ぎ足(つぎあし)後ろ足を前足に引きつけ、前足から前進する足運びで、相手との距離が遠くて打突が届かないとき、間を盗んで大きく踏み出すために用います。
■付ける(つける)
付くようにする。剣先をある方向に向け、相手の動きを制したり、攻撃に対応するための準備体勢を整えること。
■手の内(てのうち)
竹刀の握りと教える場合がありますが、手の内とは竹刀を操作する掌中の作用であり、両手首・両手の指を最も効率的に使う動きのことをいいます。
■動中の静(どうちゅうのせい)
激しい攻防の中でも冷静に相手の状況を判断することが大切であるという教え。
■刃筋(はすじ)
刃物でものを切るとき、加える力の方向と刃の方向が一致することが大切である。打突の際には常にこの刃筋を正しく操刀する事が大切である。
■八相の構え(はっそうのかまえ)
「陰の構え」といわれ、自ら攻撃を仕掛けるのではなく、相手の出方によって攻撃に変わる構えです。
 中段の構えから左足を一歩踏み出すとともに左拳を右乳頭部の前に、右拳を口元の高さにします。
■半身(はんみ)身構えた時に、体の左右いずれかを前に向けた状態のこと。
■百練自得(ひゃくれんじとく)
芸事はすべてを見聞きして身につけるものではなく、失敗や成功を重ねて多くの経験の後に身寿から自ら身に付くものであり、不断の努力が大切であるという古人の教え。
■平打ち(ひらうち)・・・竹刀の左または右側で打つ刃筋の正しくない打ち方のこと。
■開き足(ひらきあし)・・・相手の打突を、身体を左右にさばいてかわすのに用います。
■平常心・不動心(へいじょうしん・ふどうしん)
普段の心の状態を平常心といい、どんな状態でも平常心を持ち続ける、心が動かない状態を不動心といいます。どんなときでも自分を見失わない心は、実力を発揮するために大切です。
■放心(ほうしん)
ふつう「放心」というと、心がぼーっとしてまとまりのない状態をいいますが、剣道でいう「放心」とは、どんなことにも対処できるように、心をとき放ち、何ものにもとらわれない心をいいます。
■間合(まあい)相手と自分との距離感
一足一刀の間合い」とは「常の間」と言い、一足踏み込めば相手を打突できる距離で、ふつう両者の剣先がわずかに交差する程度です。この間合いから近くなったのを「近間」、遠くなったのを、「遠間」と言います。
相手を打つために「一足一刀の間」になることを、「打ち間に入る」、「自分の間に入る」などといいます。また、距離的にも技
術的にも相手と絶縁して相手が打ってこられない状態を作ることを「間合いを切る」と言います。
■枕のおさえ(まくらのおさえ)
現代用語で言えば出鼻打ちのことです。人が立ち上がれば強力な力を発揮しますが、立ち上がろうとしている。まさに枕から離れようとしている瞬間は少しの力で押さえることができます。小の力で大の力を押さえられるということです。面のメ、小手のコの字を打てという教えもあります。
■見取り稽古(みとりけいこ)ばくぜんと見学するのではなく、他人の稽古や練習態度、得意技などを研究しながら、よい点は取り入れ自分の剣道に役立てて行くように見学することを言います。自分が防具を付けて稽古をしているときでも、常に見取り稽古を心掛けなければいけません。
■峰(みね)刀の背の部分で、竹刀でいうと弦の側。
■無心(むしん)・・・何かをしようとする心の無いこと。
■無念無想(むねんむそう)・・・よけいな事を何も考えない様子。
■明鏡止水(めいきょうしすい)
自分の心は明らかな鏡で止まる水のように澄み切っていれば、相手の隙が自然に自分の心に映るということです。
■目付(めつけ)
剣道では「一眼二足三胆四力(いちがんにそくさんたんしりき)」ということばがあります。「眼」は洞察力、「足」は迅速な足さばき、「胆」は度胸、「力」は単に物理的な力ではなく、一、二、三、の要素を含む力をいい、修行の重要度を教えた言葉です。
遠山の目付・観見の目付も参考にしましょう。
■黙想(もくそう)
明治三十年頃から始められた形式である。剣道で行う黙想は禅僧が行う結跏趺坐(けっかふざ)をして法界定印(ほうかいていいん)をとる黙想の作法とは異なり、正座のまま法界定印のみをとる黙想を行うものである。
■元立ち(もとだち)
稽古では、打つ側に対して打たせる側がいる。それが元立ちで、相手の技量をのばすように心がける。
■物打ち(ものうち)
刀身の中で、最も切れる部分のことで、切っ先より10センチほどのところのこと。竹刀に置き換えた場合は剣先より中結いまでの間のこと。
■諸手(もろて)・・・両腕のこと。
■有構無構(ゆうこうむこう)
構えは、あってないのと同じで心の闘いが最終的には勝敗を決定するものだという意味です。
■理業一致(りぎょういっち)
理は理合いであり業は技である。剣道を学ぶには理に偏ってはいけないし、技ばかりに片寄ってもよくない。理と技とを一元的に修練するのが理業一致である。
■脇構え
「陽の構え」といわれ、相手の出方に応じて竹刀を長くも、短くも使い分けることができる構えです。中段の構えから右足を一歩引き、手元を右脇に引き寄せ竹刀の先を水平よりやや下げ、相手に竹刀の長さを知られないようにします。

《剣道術理へ戻る》

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional