富勢剣友会、大きな声で元気いっぱい!

*切り返し

*切り返し


                《剣道術理へ戻る》


※切返し
 切返しは、剣道基礎訓練として大変重要なものです。
 切返しの中には、剣道の大切なもの姿勢、構え、目付、間合、体捌き、手の内の作用、打突の機会等が、すべて含まれています。
 姿勢、構えについては、まず相手から目を離さないことです。
 下半身をしっかりとし、上半身を柔らかくします。
 切返しを繰り返し練習していますと、自然とそうしたことが身についてきます。
 最初に正面打ちですが、これが最も大切です。必ず一足一刀の間合から、しっかりと打ちます。又、元立ちは面打ちをさせた時には、体当たりをしてはいけません。
 打つ人の勢いに従って、後ろに下ってあげるのです。
 左右面は、子供のうちは大きくゆっくりと正しくしましょう。
 元立ちは子供の面打ちを伸ばすために、出来るだけ面の近くで受けるようにして下さい。
 子供の竹刀が当たる瞬間に、元立ちは手の内をしっかりと締めます。はじき返すのもよくないし、弱過ぎるのもよくありません。また、切返しは一息でやらなければなりません。
 一息の切返しとは、しっかりと息を吸って全力で正面を打ち息が切れるまで延ばします。しっかり延ばした後で大きく息を吸い、少しずつ吐きながら左右面を打ちます。この間は息を吸ってはいけません。ただし、人によって体力や技量は異なりますので、大人と子供、総ての人に同じ本数をさせる必要はありません。子供の技量や体力によって、それぞれに合った切返しをさせるのが、元立ちの大切な任務です。
※本数はなにも九本である必要はないのです。

※切返しは、掛る方よりも受ける方(元立ち)が大切です。
 受け方一つで上達の仕方がずっと違ってしまいます。
 今、切返しは二回だけで終ってしまう場合が多いようですが、あれは間違いです。
 気力や体力が続く限り、続けさせることが必要なのです。そうすることによって、手の内や体捌き等、様々な事柄が自然と身に付いてくるのです。

※切り返しの練習の必要
 切り返しは剣道を学ぶものに欠かすことのできない練習方法です。これによって前後左右の進退を軽捷にし、身体手脚の力量を増し、その動作を軽妙自在にして気息を長くし、打突を正確自在にし、心、気、力の一致を作るいわゆる悪力のあるものは悪力を去り、力足ないものには力を増し、左右の腕力を平均に発達させ、裏表の打ち方を平等にするのです。

※切り返しの方法
 切り返しの方法は中段の構えに立ち上がり、相手の掛け声を発したときに振りかぶり、左右の手を伸ばし、左右の足を踏み込み、相手の表面へ打ち込む。これを受け止めたときは、ただちに上段にかぶり裏面に打ち込む。このように表裏の面を交互に精神を込め一心に体力の続くかぎり少しの休みなく大きく早く、手脚を共にし、腕疲れ息尽きたるときは上段に振りかぶり、正面に両腕を伸ばし両足を進め[面]と大声を発し、充分に打ち込み後退して休息します。
※進むときは必ず右足より、退くときは左足より行います。
 間合にはなるべく遠く離れ、鍔元を打たず、剣先より四・五寸下がる物打ちの部分にて打つようにします。なるべく遠いところより手を伸ばして足を踏み込み、手で打たず体をもって打つような心得にして、充分に身体を動かし、身体屈伸自在にするようにします。

※切り返しはとくに初学に必要
 初学の者は初めより勝負を望み、技術の未熟も顧みず、面小手などに目をつけ勝ちを求め、姿勢太刀筋を乱し、手打ち、気を込めず、体を動かさず、手先のみで勝負を争う。そこで、さまざまな悪癖を生じ、進歩することがない。
 初心の間は勝負を念頭に置かず、もっぱら姿勢を正して、動作を機敏にして、手の返りを自由にして思うままの動作をなし得るまで切り返しを練習するのです。

※切り返しは進歩の近道
 初めより繊細な技を試みるときは、かえって心に迷いを生じ進歩することが遅くなります。
 切り返しは一見技術の進歩が遅いように思うが、最も進歩の早いことを忘れてはならない。
 切り返しを充分に練習すれば、平時の稽古は言うまでは及ばず、試合においても左右の手はよく返り、益を得ることが大きいのです。

※単独の練習
 切り返しを練習するには必ずしも相手を必要とせず、単独でなし得ることができる。
 相手は前に居ると思って気合いを込め、姿勢を正し、行う。
 竹刀を振って練習するときは、技術の練習にもなり、身体の運動にも有益にもなます。従って毎日暇があるとき利用して行うことが大切です。初心者は初めより道具を用いず、互格の練習をしないで、素面にて上級者に向かい、充分切り返しを練習しなければならないのです。

※切り返し(打ち返し)
 現在一般に行われている切り返しは、「正面→前進しながら左右面(4本)+後退しながら左右面(5本)→正面→左右面(9)→正面」の要領です。昇段審査ででもこのように統一されています。(切る)という用語が整理され「切り返し」「打ち返し」となりましたが、本来「切り返す」という一つの用語で、「攻めたものが、いったん引いてまた攻め返す」意味で使われていました。
 昔の練習では左右の面は不規則でもよく、むしろそれを受けるほうに練習の意味があったようです。
 切り返しでは、足捌きが良くなる、手首の返しが良くなる、間合いの感覚がつかめる、打ちが強くなる等、切り返しの練習自体の効果にあわせて、スピードや全身の瞬発力を育成したり、さらに気力も充実させる効果をねらって本数を50本増やし行ったり、追い込みで行ったり、胴の切り返し、面と胴の組み合わせて、切り返しを練習する方法もあります。

※打ち込み十徳
 1. 技ははげしく早くなること。
 2. 打ちが早くなること。
 3. 息合いが長くなること。
 4. 腕の働きが自由になあること。
 5. 身体が軽く自由になること。
 6. 長い竹刀が自由に使えること。
 7. 腰が安定し、体がくずれない。
 8. 眼明らかになること。
 9. 間合いが明らかになること。
10.手の内が軽く冴えること。

※切り返しの方法
 1.大きく振りかぶって行います。(左拳が額より上まで)
 2.足捌きを送り足で行います。
 3.刃筋を正確に行います。
 4.左肘を曲げないようにします。
 5.左右面から正面打ちに移行するとき、息継ぎなどして気持ちを切りません。
 6.気力を充実させ大きな掛け声で行います。

※「切り返しの受け方」には、
 正面を打たせた後、十分な体当たりを受け、左、右側に竹刀を立てて、引き込みながら受ける受け方と、相手の打ちをやや前方で軽く弾き返す要領で受ける二通りの方法があります。
 足裁きは歩み足で行い、できるだけ打突部位の近くで受けるのがよいとされています。軽く引く受け方は、相手のリズムに合わせながら、相互に掛け声を掛け合わせて行うようにするとよいとされています。また、左右面から正面打ちまでを縁を切らないのがポイントです。
 左右面の後、直ちに正面が打てるよう間を詰めるなど、リードすることが大切です。
体の出方の少ない者には、むしろ体当たりをせず、面打ちの後、直ちに引いて左右面に移行させるようにすると、勢いが生きてくる場合もあります。

※受け方八徳
 1. 心が静かに静まること。
 2. 眼明らかになること。
 3. 相手の竹刀筋が明らかになること。
 4. 身体が自由になること。
 5. 体が強靱になること。
 6. 手の内が緊縮すること。
 7. 受流し法が明らかになること。
 8. 腕が丈夫になること。

※ポイント
※間合い
 自分の脚力や身長など身体的特徴をしっかり把握して、いわゆる一足一刀の間合いから正面を打突し、連続左右面も適度の間合いを保つことが大切です。
 特に中学生は、より遠い間合いで打ち切るように心掛ける必要があります。
 竹刀操作です。縦方向の正面と斜め方向の左右面があります。
 刃をしっかりイメージして、刃筋を通し、肩関節を使った大きな打突で、剣先が大きな円弧を描くように振り下ろすことを心掛けます。
 連続左右面のとき、左拳が正中線から外れないようにします。
 肘を突っ張り過ぎず開かないように意識します。
 呼吸の仕方ですが、腹式呼吸の呼気で一気に打ち切るつもりで行います。
 足裁きは、前の移動のときは左足を蹴り足にし、後方へは右足を蹴り足にし、後足の引き付けをスムーズにし、腰を入れてスピードアップしていきます。これができれば竹刀操作も自然に速くなります。

※打ち返し(切り返し)
打ち返しは学校教育で使っている用語です。一般的には切り返しと呼びます。
 打ち返しは技ではありません。
 正面打ち、小手打ち、胴打ちの練習のあとの総合練習として行うものです。
 打ち返しの練習は剣道の総合練習のなかでも最も重要なものですから、しっかりと練習しなければなりません。

※練習のポイント一
(1)習技者(打つ人)は、やや近めの間合からすり足一歩で正面を打ちます。
 元立ち(打たせる人)は、竹刀先を右にはずして習技者が打ちやすくしてあげます。
(2)習技者は送り足で前に出ながら、左面―右面―左面―右面と打ちます。
 元立ちは、竹刀先をまっすぐ上にして竹刀を左面のななめ前に立て、左足を後ろに引いて受けます。
次に右足を後ろに歩み足で引き、竹刀を右面のななめ前に立てて受けます。
(3)習技者は、前に四歩前進しながら打ったら、後退しながら左面―右面―左面―右面―左面と打ちます。
 一歩ずつ正確に打ちながら後退することが大切です。
 後退しながら練習するときは、常に左足を大きく引きながら送り足で退くことを忘れないでください。
 元立ちは、相手が打ちながら後退するのに合わせて、右足―左足―右足―左足―右足と、歩み足で前に進みながら受けます。
(4)習技者は、後退しながら五本目に左面を打ったら、大きく退いて間合をとり、正面を打ちます。
 元立ちは、習技者が大きく一歩さがって間合をとるのに合わせて竹刀先を右横にはずし、正面を打たせます。
以上をくり返し何回も練習します。

※打ち返し(切り返し)の効果
 打ち返しを大切にして、くり返し練習するのは、次のようなことに役立つからです。
①前後左右の進退が楽にできるようになります。
②腕、腰、足の発達に役に立ちます。
③左右の腕が平等に発達して、左面―右面の打ち方が同じようになります。
④気力が充実して発声がよくなります。
⑤気剣体一致の良い打ち方ができるようになります。
⑥大きな技ができるようになります。
⑦呼吸が長く持つようになります。このように切り返しに剣道の極意が含まれるといわれています。

※〔練習のポイント二〕
 練習のポイント一のやりかたが上手にできるようになったら、次の方法で練習します。
(1)習技者は、一足一刀の間合(一歩踏み込めば打てる距離)から大きく踏み込んで面を打ち、送り足で前に出ます。
元立ちは、習技者が面を打って前に出てきたら、それに合わせて送り足で三~四歩退きます。
(2)習技者は、〔練習のポイント一〕で行った要領で前進後退しながら、左右の面を打ちます。
元立ちは、やはり後退前進しながら左右の面を受けます。
(3)習技者は、一足一刀の間をとり、大きく踏み込んで面を打ち、送り足で前に出ます。三~四歩で体を安定させ、相手に向かってそなえます。
 元立ちは、習技者が面を打って前に出てきたら、体を右に開いて前に進みやすくしてやり、目で相手の動きを追って相手が止まったら習技者と竹刀を合わせて、次にそなえます。

※打ち返し(切り返し)のときに注意すること
 総合練習になると基本の動作をつい忘れがちになります。次の点を特に気をつけましょう。
(1)できるだけ技を大きくするようにします。
(2)手の内の練習を大切にし、とくに左こぶしが正中線をはずれないようにします。
(3)打つ間合を勉強します。どこからどの程度踏み込んだら相手の面にとどくか、練習をしながら覚えます。
(4)最後まで姿勢をくずさずに打ち、打ち終わったら必ず相手にそなえるように習慣づけます。(縁を切らない)

※一.切り返しの練習の必要
 切り返しは剣道を学ぶものに欠かすことのできない練習方法です。これによって前後左右の進退を身軽にし、身体手脚の力量を増し、その動作を自在にして気息を長くし、打突を正確にし、心、気、力の一致を作りいわゆる悪力のあるものは悪力を去り、力足ないものには力を増し、左右の腕力を平均に発達させ、裏表の打ち方を平等にするのです。

二.切り返しの方法
 切り返しの方法は中段の構えに立ち上がり、相手の掛け声を発したときに振りかぶり、左右の手を伸ばし、左右の足を踏み込み、相手の表面へ打ち込む。これを受け止めたときは、ただちに前のごとく上段にかぶり裏面に打ち込む。このように表裏の面を交互に精神を込め一心に体力の続くかぎり少しの休みなく大きく早く、手脚を共にし、腕疲れ息尽きたるときは上段に振りかぶり、正面に両腕を伸ばし両足を進め[面]と大声を発し、充分に打ち込み後退して休息する。
 進には必ず右足より、退くときは左足より行います。間合にはなるべく遠く離れ、鍔元を打たず、剣先より四・五寸下がる物打ちの部分で打つようにします。なるべく遠くのところより手を伸ばし足を踏み込み、手で打たず体をもって打つことを心得にして、充分に身体を動かし、身体屈伸自在にするようにします。

三.切り返しはとくに初学に必要
 初学の者は初めより勝負を望み、技術の未熟も顧みず、面小手などに目をつけ勝ちを求め、姿勢太刀筋を乱し、手打ち、気を込めず、体を動かさず、手先のみで勝負を争う傾向にあります。そこで、さまざまな悪癖を生じ、進歩することがありません。
 初心の間は勝負を念頭に置かず、もっぱら姿勢を正して、動作を機敏にして、手の返りを自由にし、思うがままに動作ができるようになるまで切り返しを練習するのです。
 初心の間は勝負を念頭に置かず、もっぱら姿勢を正して、動作を機敏にして、手の返りを自由にし、思うがままに動作ができるようになるまで切り返しを練習するのです。

四.切り返しは進歩の近道
 初めより繊細な技を試みるときは、かえって心に迷いを生じ進歩することが遅くなります。切り返しは一見技術の進歩が遅いように思いますが、最も進歩の早いことを忘れてはいけません。
 切り返しを充分に練習すれば、平時の稽古は言うまでは及ばず、試合においても左右の手はよく返り、益を得ることが大きいのです。
五.単独の練習

五.単独の練習
 切り返しを練習するには必ずしも相手を必要とせず、単独で行うことができます。相手は前に居ると思って気合いを込め、姿勢を正し、相手にたっすると同様に竹刀を振って練習するときは、技術の練習にもなり、身体の運動にも有益にもなります。従って毎日暇があるとき利用して行うことが大切です。
 初心者は初めより道具を用いず、互格の練習をしないで、素面にて上級者に向かい、充分切り返しを練習しなければなりません。

※切り返し(打ち返し)
 現在一般に行われている切り返しは、「正面→前進しながら左右面(四本)+後退しながら左右面(五本)→正面→左右面(九)→正面」の要領です。昇段審査ででもこのように統一されています。
(切る)という用語が整理され「切り返し」が「打ち返し」となりましたが、本来「切り返す」という一つの用語で、「攻めたものが、いったん引いてまた攻め返す」意味で使われていました。
 昔の練習では左右の面は不規則でもよく、むしろそれを受けるほうに練習の意味があったようです。
 昔の練習では左右の面は不規則でもよく、むしろそれを受けるほうに練習の意味があったようです。
 切り返しでは、足捌きが良くなる、手首の返しが良くなる、間合いの感覚がつかめる、打ちが強くなる等、切り返しの練習自体の効果にあわせて、スピードや全身の瞬発力を育成したり、さらに気力も充実させる効果をねらって本数を五十本増やし行ったり、追い込みで行ったり、胴の切り返し、面と胴の組み合わせて、切り返しを練習する方法もあります。

※切り返しの方法
「切り返しの受け方」には、正面を打たせた後、十分な体当たりを受け、左、右側に竹刀を立てて、引き込みながら受けるうけ方と、相手の打ちをやや前方で軽く弾き返す要領で受ける二通りの方法があります。
一、大きく振りかぶって行います。(左拳が額より上まで)
二、足捌きを送り足で行います。
三、刃筋を正確に行います。
四、左肘を曲げないようにします。
五、左右面から正面打ちに移行するとき、息継ぎなどして気持ちを切りません。
六、気力を充実させ大きな掛け声で行います。
「切り返しの受け方」には、正面を打たせた後、十分な体当たりを受け、左、右側に竹刀を立てて、引き込みながら受けるうけ方と、相手の打ちをやや前方で軽く弾き返す要領で受ける二通りの方法があります。
 足裁きは歩み足で行い、できるだけ打突部位の近くで受けるのがよいとされています。軽く引く受け方は、相手のリズムに合わせながら、相互に掛け声を掛け合わせて行うようにするとよいとされています。また、左右面から正面打ちまでを縁を切らないのがポイントです。
 左右面の後、直ちに正面が打てるよう間を詰めるなど、リードすることが大切です。
 体の出方の少ない者には、むしろ体当たりをせず、面打ちの後、直ちに引いて左右面に移行させるようにすると、勢いが生きてくる場合もあります。

※切り返しの間合い
 自分の脚力や身長など身体的特徴をしっかり把握して、いわゆる一足一刀の間合いから正面を打突し、連続左右面も適度の間合いを保つことが大切です。特に中学生は、より遠い間合いで打ち切るように心掛ける必要があります。

※竹刀操作
 縦方向の正面と斜め方向の左右面があります。刃をしっかりイメージして、刃筋を通し、肩関節を使った大きな打突で、剣先が大きな円弧を描くように振り下ろすことを心掛けます。
 連続左右面のとき、左拳が正中線から外れないようにします。
 肘を突っ張り過ぎず開かないように意識します。
 呼吸の仕方ですが、腹式呼吸の呼気で一気に打ち切るつもりで行います。

※切り返しの足裁き
 前の移動のときは左足を蹴り足にし、後方へは右足を蹴り足にし、後足の引き付けをスムーズにし、腰を入れてスピードアップしていきます。これができれば竹刀操作も自然に速くなります。

 《剣道術理へ戻る》
 

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional